スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 年金・保険 > 介護保険 > 要介護認定高齢者の所得税などの障害者控除について

ここから本文です。

更新日:2014年8月12日

要介護認定高齢者の所得税などの障害者控除について

納税者本人、または控除対象配偶者、扶養家族の中に介護保険制度の要介護認定を受けた人がいる場合、一定の要件を満たすと所得税や市・県民税の障害者控除が受けられる場合があります。

なお、確定申告には担当課で発行する「障害者控除対象者認定書」が必要です。

申請方法

長寿介護課へ申請書を提出してください。判定基準に該当する人には「障害者控除対象者認定書」を交付します。

必要書類

  • 障害者控除対象者申請書(書類は長寿介護課、福祉総務課に備えています)
  • 申請者の印鑑(申請者は家族でも可)

対象外

すでに身体障害者手帳などで控除を受けている人

  • 詳しくはお問い合わせください

その他

要介護認定を受けていない人でも、判定基準に該当する人には「障害者控除対象者認定書」を交付します。ただし、医師が記入した調査票が必要となりますので、事前に長寿介護課までお問い合わせください。

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課保険料・管理グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7301

ファクス番号:0957-53-1978