スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:年金・保険 > 介護保険 > 65歳以上の人(介護保険の資格がある人)が転入する場合、どのような手続きが必要ですか

ここから本文です。

更新日:2017年7月14日

65歳以上の人(介護保険の資格がある人)が転入する場合、どのような手続きが必要ですか

質問

介護保険の認定を受けている人が転入する場合、どのような手続きが必要ですか。

回答

転入のお手続きの後、福祉総務課もしくは長寿介護課(中心市街地複合ビル2階)で手続きをしていただく必要があります。
また、特別養護老人ホームなどの施設に入所される場合は、転出元の介護保険証を継続して使用する場合もありますので、事前にお問い合わせください。

転入のお手続きの後、転出元市町村から交付された「受給資格証明書」を添えて福祉総務課もしくは長寿介護課で申請を行うことにより、転出時点での認定を6カ月間引き継ぐことができます。
ただし、「受給資格証明書」をもって認定を引き継ぐことができるのは、転入日から2週間以内に限りますのでご注意ください。

[手続きに必要なもの]
(1)転出元市町村の「受給資格証明書」(転出の際、忘れずに交付を受けてください)
(2)個人番号が確認できるもの(通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)など)
(3)委任状(代理人が申請の場合のみ)

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課保険料・管理グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7301

ファクス番号:0957-53-1978