スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 市政情報 > 大村市議会 > 会議のご案内 > 一般質問発言通告

ここから本文です。

更新日:2018年6月8日

大村市議会

一般質問発言通告

平成30年6月定例会通告者・内容一覧(PDF:378KB)

 平成30年6月14日(木曜日)午前10時

野島 進吾

(一問一答)

1.公共施設計画について

(1)新庁舎建設基本計画について

1.新庁舎建設における今後のスケジュールについて

2.これからの住民センターのあり方について

(2)市民会館や武道館について

場所や予算等の構想について

(3)大村駅周辺の公共施設について

県・市立図書館建設に伴う大村駅前周辺の構想について

2.競艇事業行政について

(1)ナイターレースに伴うファンバスの運行について

現在の状況と今後の見通しについて

(2)ナイター開催中のイベントについて

イベントの開催時間について

(3)医師の常駐について

常勤時間の変更に伴う待遇について

3.福祉行政について

(1)農福連携事業について

本市での具体的な内容と今後について

4.安全対策行政について

(1)消火栓や防火水槽の新たな設置箇所について

町内会や消防署からの要望について

5.地方創生行政について

(1)地域連携ポイント事業について

説明会での意見について

進捗状況と今後のスケジュールについて

(2)大村湾地域経済圏を繋ぐ施策について

具体的な施策と湾岸5市5町との連携体制について

(3)各出張時等におけるお土産について

大村の物産品の使用状況について

朝長 英美

(一問一答)

1.総務行政について

(1)職員の働き方について

(2)市庁舎建設について

(3)防犯カメラについて

(4)総合運動公園利用について

(5)公衆電話設置について

2.都市整備行政について

(1)新幹線車両基地について

(2)新幹線まちづくり課と鉄道・運輸機構について

3.上下水道行政について

(1)水道組合に対する負担について

(2)下水道設置と小型合併処理浄化槽設置について

(3)下水道計画と現行制度について

4.教育行政について

(1)伝統芸能振興について

(2)給食配送について

(3)小中学校の施設整備について

水上 享

(一問一答)

1.財政行政について

(1)新庁舎建設について

建設候補地の選定について

新庁舎工事費、財源について

上下水道局等の新庁舎への集約について

2.商工行政について

(1)中心市街地活性化策について

3.福祉行政について

(1)市民病院について

(2)特定健診について

4.教育行政について

(1)農業体験学習の取り組みについて

(2)郷土芸能伝承館建設について

岩永 愼太郎

(一問一答)

1.都市整備行政について

(1)土砂災害ハザードマップの危険箇所の整備計画及び方針について

急傾斜地崩壊対策事業の採択要件及び満たさない箇所の取り組みについて

ハザードマップ危険箇所の整備計画について

(2)市内踏切の改良計画について

改良が必要な踏切に指定された丸田及び辻第2踏切の改良について

その他の危険箇所の認識及び道路等の整備について

2.産業振興行政について

(1)多良岳山域のハイキングコースの整備について

安全登山のための山道整備及び道標の適正設置について

多良岳山域のルート図や植生の案内看板の適正設置について

(2)大村湾の漁業資源の調査について

平成28年からこれまでの調査の概要及び今後の調査計画について

調査結果による漁業振興策について

3.学校教育行政について

(1)子供たちの通学路の安全確保について

各校の安全対策について

セーフティーネットワーク等の関係諸団体との連携について

4.総務行政について

(1)市表彰の要綱について

表彰の種類及び被推薦者の調査・推薦について

 平成30年6月15日(金曜日)午前10時

山北 正久

(一問一答)

1.市長の政治姿勢について

(1)基本計画(案)が公表された新市庁舎建設に関して、8地区で開催された市民説明会では、多くの市民から建設場所と高額な事業費を含め、白紙撤回もしくは再考を求める意見が出されたが、それでも強行にする意思があるのかについて

(2)平成29年9月に市民団体から多くの署名が添えられ「新たな市民会館の建設を求める請願」が議会に提出されたが、早期建設の考えについて

(3)県議会において積極的に議論されている第2空港大橋の建設及び空港と西海市を結ぶ(仮称)大村湾架橋構想に関して、地元大村市の首長としての対応と考え方について

(4)成人年齢を20歳から18歳に引き下げる民法改正案に対する市長個人としての所見について

2.総務部行政について

(1)政府が強力に推進しているものの、なかなか浸透していない男性公務員の「育児休業」の取得・活用に対する本市の取り組みについて

3.財政部行政について

(1)全国で九州の土地面積に相当すると推計され、公共工事の妨げとなる「所有者不明土地」の本市における状況と対策について

4.福祉保健部行政について

(1)多くが一般の障がい児で、全国に1万7,000人いるとされる「医療的ケア児」とその家族を支える取り組みが求められているが、本市の現状と今後の支援策について

(2)昨年実施された県内の医療施設の看護職員の需要状況調査で明らかとなった看護師不足に関して、本市の現状と今後の対策について

5.こども未来部行政について

(1)「改正子ども・子育て支援法」の施行により求められている自治体間の「越境入所」の促進と「企業主導型保育所」の設置加速に関し、県内及び本市の状況について

(2)待機児童の解消策として、保育施設側にとってもメリットのある「潜在保育士」の職場復帰への本市における支援状況について

6.産業振興部行政について

(1)経営者の高齢化と後継者不足に直面している中小企業に関して、経営相談は当然のことであるが、急務である本市の事業継続支援について

(2)新幹線開業を目途として見直しを進めている本市の公共交通の再編に伴う計画に関して、指針となる基本計画を策定する考えの有無について

7.教育行政について

(1)教員の負担軽減を目的として、学校給食費の徴収業務を自治体に移行させるため、文部科学省は「徴収方法のガイドラインの策定」経費を今年度予算に計上したが、教育長の見解について

(2)少子化対策や貧困家庭の「食の安全網」として注目されている学校給食の費用無償化を全国61市町村が実施しているが、本市の将来的な取り組みについて

伊川 京子

(一問一答)

1.新市庁舎建設について

(1)スケジュールの変更について

見直しの内容と方法について

(2)基金の考え方について

2.企画政策行政について

(1)中心市街地複合ビルについて

改修工事及び運営について

(2)広報おおむらのあり方について

3.財政行政について

(1)競艇事業収益金の使途について

4.教育行政について

(1)県立・市立一体型図書館について

進捗状況と今後のスケジュールについて

(2)学校図書館の充実について

学校司書の研修について

5.こども未来行政について

(1)市立幼稚園と保育所の再整備計画について

進捗状況について

6.総務行政について

(1)元号変更について

予測される状況について

今後の対策について

村上 信行

(一問一答)

1.市庁舎建設について

(1)当初見込みより基本計画(案)での事業費が増大しているため、再考する必要があることについて

当初の事業費80億円が今回125億円となり開催された地区説明会において、市民から異論が出たため、計画を再検討する必要があることについて

新市庁舎が、市民の多目的利用に配慮した施設となることが明確になる時期について

建設事業費が今後変更される可能性と、変更された場合の市民説明会の開催の有無について

2.新幹線工事の施工と関連について

(1)木場トンネル(柴田地区)工事に伴い設置される排水路に関して、地域住民の不安を解消する施工の可能性について

(2)8%の勾配となる約100メートルの道路の付け替え工事の安全対策について

(3)大佐古地区まで進行しているトンネル掘削工事に伴う井戸水と湧水池の枯渇している現状について

(4)井戸水と湧水池の枯渇対策について

3.文化遺跡整備事業について

(1)三城城址の国指定や整備事業の現状について

4.清掃事業について

(1)不燃物の一般廃棄物収集運搬業務を一般競争入札とした理由について

一般廃棄物処理の業務委託に関する国からの指導について

「下水道の整備等に伴う一般廃棄物処理業等の合理化に関する特別措置法」により、市町村はし尿処理の指定業者を変更する場合、賠償責任を負うこととなるが、このようなときの市の対応について

今後、競争入札による委託業者の変更を拡大する方針の有無について

城 幸太郎

(一問一答)

1.総務行政について

(1)東京事務所の人員補充について

(2)各地区出張所長の選任について

(3)市職員の業務量の見直しについて

(4)360度からの人事評価制度について

2.財政部行政について

(1)新庁舎建設基本計画(案)策定延期について

建設費や交付税額の変更確認及び市長への報告時期について

内部検討委員会での議論について

8カ所で行った市民説明会での市民の反応について

(2)新庁舎建設計画の今後の進め方について

3.教育行政について

(1)小学校へのエアコン設置について

設置計画について

設置方法及び資金調達について

 平成30年6月18日(月曜日)午前10時

永尾 髙宣

(一問一答)

1.教育行政について

(1)小中学校の児童生徒の空調設備について

(2)県立・市立一体型図書館について

(3)三学期制移行に伴う教職員の働き方改革について

2.農林水産行政について

(1)外浦小路地区の消波ブロック進捗状況について

3.都市整備行政について

(1)大村公園の再整備について

4.財政行政について

(1)新庁舎建設について

宮田 真美

(一問一答)

1.商工行政について

(1)住宅リフォーム助成制度の復活について

2.福祉行政について

(1)高齢者支援について

高齢者タクシー券の発行について

(2)国保税の引下げについて

所得割の減免について

子どもの均等割の減免について

3.こども未来行政について

(1)子どもの生活実態調査について

調査結果に対する見解について

調査結果を踏まえた今後の取り組みについて

生活困窮率と就学援助の利用率について

学校行事に参加できなかった子どもがいること、中学校入学時の経済的負担感の大きさに対する市の見解について

経済的な負担を軽減するための就学援助の拡充に対する市の見解について

古閑森 秀幸

(一問一答)

1.教育行政について

(1)教育政策監の教育委員会内での役割について

(2)教育政策監の大村市教育委員会での功績・成果について

(3)子供の貧困対策について

(4)2学期制から3学期制移行までに2年もかかることについて

2.市民環境部行政について

(1)ペットボトル回収について

(2)環境センター整備検討について

(3)町内会長不在時の町内活動支援について

3.新庁舎建設について

(1)新市庁舎建設見直しについて

4.農業行政について

(1)新幹線建設において農地に及ぼした影響と対策について

神近 寛

(一問一答)

1.消防団員の確保について

(1)準中型自動車免許取得およびAT限定解除への助成制度について

(2)団員の意向を反映した詰所の建て替えについて

2.子育て支援について

(1)幼児教育無償化に伴う市の新たな施策の展開について

ロタウイルスワクチン接種への助成制度創設について

胎児の人権に関する市の認識と支援策について

3.教育行政について

(1)柔軟に運用することが求められている通学区域制度について

(2)時代の趨勢である学校徴収金(給食費、副教材費等)の公会計化について

(3)小中学校へのエアコン設置における整備計画全体の提示の必要性について

(4)学校施設利用計画の策定に向けた取り組み状況について

4.市庁舎建て替えについて

(1)事業計画の変更内容について

(2)建設地選定要件である「まちづくり拠点性」を削除した経過について

(3)本庁舎以外の公共施設の安全性、機能について

(4)基本計画見直しの方針について

5.市長の政治手法について

(1)「大村市こども夢基金条例」廃止の経緯について

(2)東京事務所の正職員配置の見直しについて

(3)出張所所長への再任用職員の登用と今後の方針について

 平成30年6月19日(火曜日)午前10時

小林 史政

(一問一答)

1.幼児教育・保育無償化について

(1)幼児教育・保育無償化に対する本市の受け止め方について

(2)認可保育所・認定こども園の無償化の内容について

(3)幼稚園と預かり保育の無償化について

(4)住民税非課税世帯における0歳から2歳児の保育料無償化の内容について

(5)大村市における第2子保育料無料化の今後について

(6)認可外保育施設の無償化について

(7)保育料無償化により保育需要の急増が予測されるが、その見通しと対策について

2.国民健康保険の県移管について

(1)国保の運営主体が4月に県へ移管されたことによる大村市の保険料に与える影響について

(2)大村市の保険料が上がらなかった要因について

(3)激変緩和措置の内容と役割について

(4)国保の今後のあり方について

3.地方創生の取り組み、移住及び地域おこし協力隊について

(1)地方創生交付金について

(2)大村市の移住対策について

(3)地域おこし協力隊について

4.国道34号4車線化の新規事業について

(1)国道34号4車線化の新規事業が順調に採択されたが、市長の見解について

(2)総事業費の見込みと着工時期について

(3)竣工時期について

5.木場スマートインターチェンジについて

(1)平日と休日の1日当たりの利用台数について

(2)1カ月間の救急車の利用台数とETC未搭載の救急車の対応について

6.「胎児と妊婦にやさしいまち、おおむら」の実現について

(1)大村市における胎児と妊婦に対する援助のあり方について

井上 潤一

(一問一答)

1.市民環境行政について

(1)出張所の受付窓口について 

2.消防・防災行政について

(1)消防水利について

(2)道路交通法の改正に伴う消防車の運転免許対策のその後について

(3)緊急車両のスマートインターチェンジ等の利用の仕方と利用状況について

3.企画政策行政について

(1)長期人口見通しについて

4.こども未来行政について

(1)おなかの赤ちゃんの人権について

5.産業振興行政について

(1)新幹線と大村線について

6.文化行政について

(1)市民会館等の建設について

7.道路行政について

(1)市道の整備計画について

中瀬 昭隆

(一問一答)

1.福祉行政について

(1)障害者就労支援について

(2)子供の貧困調査について

2.教育行政について

(1)新教育委員会制度について

(2)スマホの功罪と影響について

(3)戦没者追悼式と歴史教育について

(4)命を大切にする教育について

3.観光行政について

(1)観光資源としての歴史遺産、史跡の活用について

(2)可憐な長崎ラベンダー城南1号への市としての関心と取り組みについて

4.総務行政について

(1)上下水道事業について

(2)市庁舎について

(3)高齢者や障害者も含めた市民が集える場所の確保について

(4)大村駅カフェ、軽食堂について

村崎 浩史

(一問一答)

1.子育て支援について

(1)ペアレント・プログラムの導入について

2.教育行政について

(1)市内中学校における通級指導教室の現状(教室の設置場所・環境)と充実について

(2)特別支援教育支援員の養成研修について

3.競艇事業について

(1)平成29年度売上・収益及び一般会計への繰出の見込みについて

(2)外向発売所ブルードラゴンの跡地利用について

4.産業振興行政について

(1)大村市地場企業販売促進力強化支援事業費補助金について

5.市庁舎建替えについて

(1)建替え予算が大幅に変更となった原因について

(2)ゼロベースでの再検討及び他の公共施設再編とともに検討することについて

(3)市長が言われる「オール大村」で施工する手法について

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

議会事務局 議事調査グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館2階

電話番号:0957-52-3828(直通)

ファクス番号:0957-52-3828