ここから本文です。

更新日:2019年3月9日

大村市議会

村上 信行

平成31年3月定例会

3月6日

一般質問(一問一答)

1.市長の政治姿勢について

(1)市の新庁舎建設計画は未だに市民の理解を得られたとは思えない。今後、市は基本設計を9月に策定し、実施設計に取りかかるとしているが、実施設計に係る予算上程の時期について

(2)国の財政支援制度「市町村役場機能緊急保全事業」の期間延長により、平成32年度中に実施設計に着手すると、33年度以降も財政支援が受けられることとなったが、実施設計の発注の時期について

2.スポーツ団体への支援策について

(1)V・ファーレン長崎の練習場を大村市に整備した場合の市の財政負担について

3.保育行政について

(1)本年10月から国の制度で開始される幼児教育・保育無償化に伴い市が実施した、対象保護者への意向調査の結果について

(2)今後の教育・保育施設等の定員増の計画について

4.障がい者等の高速バス利用対策について

(1)障がい者の利便性を高めるためにスロープが設置された高速木場バス停の利用状況について

(2)利用促進のためのバス・タクシー・福祉タクシー会社等への周知・宣伝について

5.新幹線工事による住民対策について

(1)三城地区の地元協議で明らかになった、用水路工事の設計において用水路底面の高さが約40センチ違ったことや、杭打ち振動により住宅の基礎にひび割れが発生していることへの大村市の管理責任について

(2)三城地区のトンネル工事により発生した井戸水等の枯渇問題の原因究明と対策について

再生

平成30年12月定例会

12月10日

一般質問(一問一答)

1.市長の政治姿勢について

(1)新庁舎建設基本計画に対する市民の理解の浸透状況について

2.文化事業について

(1)本市と行政サービスがよく比較される諫早市には諫早市美術・歴史館が設置されている。10万人都市を目指す大村市においても市民の文化レベル向上のため、美術館建設を検討することについて

3.農政問題について

(1)種苗法の改正により、自家採種が原則禁止となり、米や麦等の農作物の種子は全てメーカーから購入しなければならないと懸念されていることから、県の条例をつくり、長崎県の農作物存続を図ることについて

4.教育行政について

(1)教職員の超過勤務の改善のためのクラブ活動のあり方について

(2)教職員の勤務状況を把握するためのタイムカード導入の検討状況について

5.新幹線工事の影響による渇水への対策について

(1)今年8月頃からトンネル掘削工事により10件あまりの農家・非農家の井戸水や湧き水が枯渇し、現在仮設工事で急場をしのいでいるが、原因及び対策並びに復元までに要する期間について

6.保育行政について

(1)保育料の無償化が予定されているが、保育需要増加に対する施設整備の進捗状況について

7.子育て住宅について

(1)3世代同居・近居促進事業の現状と近居の対象を市外からの移住者のみとする不合理の改善について。また、諫早市の類似制度との違いについて

8.交通安全対策について

(1)上諏訪の変則六差路の改良工事完了時期について

(2)荒瀬町JA産直かやぜ付近交差点での朝夕の激しい交通混雑に対する右折帯の設置や産直出入口を一歩通行にするなどの改善策について

9.県立ろう学校新築工事による被害について

(1)県立ろう学校新築工事の際の振動により近隣民家の玄関タイルが壊れ、修繕したものの家自体が傾斜している。被害を受けた近隣住民との十分な協議と家の修復を行うことについて

再生

平成30年9月定例会

9月10日

一般質問(一問一答)

1.市庁舎建設について

(1)市庁舎建設と新庁舎建設基本計画との関連について

2.新幹線工事の施工について

(1)新幹線工事の施工内容と周辺住民への対策について

3.文化遺跡整備事業について

(1)三城城址の「史跡の国指定」や整備事業の現状と進捗状況について

4.清掃事業について

(1)一般廃棄物収集運搬業務の委託について

5.教育行政について

(1)教職員の超過勤務の改善のためのクラブ活動のあり方について

(2)小学校へのエアコン設置について

(3)教職員の勤務状況を把握するためのタイムカードの導入について

6.保育行政について

(1)保育料の無償化が予定されているが、保育需要増加に対する保育施設の整備について

7.子育て住宅について

(1)3世代同居・近居促進事業の現状について

(2)近居の対象が市外からの移住者のみとなっていることについて

再生

平成30年6月定例会

6月15日

一般質問(一問一答)

1.市庁舎建設について

(1)当初見込みより基本計画(案)での事業費が増大しているため、再考する必要があることについて

当初の事業費80億円が今回125億円となり開催された地区説明会において、市民から異論が出たため、計画を再検討する必要があることについて

新市庁舎が、市民の多目的利用に配慮した施設となることが明確になる時期について

建設事業費が今後変更される可能性と、変更された場合の市民説明会の開催の有無について

2.新幹線工事の施工と関連について

(1)木場トンネル(柴田地区)工事に伴い設置される排水路に関して、地域住民の不安を解消する施工の可能性について

(2)8%の勾配となる約100メートルの道路の付け替え工事の安全対策について

(3)大佐古地区まで進行しているトンネル掘削工事に伴う井戸水と湧水池の枯渇している現状について

(4)井戸水と湧水池の枯渇対策について

3.文化遺跡整備事業について

(1)三城城址の国指定や整備事業の現状について

4.清掃事業について

(1)不燃物の一般廃棄物収集運搬業務を一般競争入札とした理由について

一般廃棄物処理の業務委託に関する国からの指導について

「下水道の整備等に伴う一般廃棄物処理業等の合理化に関する特別措置法」により、市町村はし尿処理の指定業者を変更する場合、賠償責任を負うこととなるが、このようなときの市の対応について

今後、競争入札による委託業者の変更を拡大する方針の有無について

再生

平成30年3月定例会

3月9日

一般質問(一問一答)

1.市庁舎建設について

(1)平成30年度施政方針で市庁舎建設に全く触れていない理由について

基本計画の策定と基本設計の着手予定が今年度であることの確認について

議会や市民からの要望を聞く姿勢の有無について

現在の職員駐車場の確保の可能性について

2.市長の政治姿勢について

(1)多額の予算を伴う中学校普通教室へのエアコンの設置に関し、議会への説明前に外部に公表したことについて

3.子育て・福祉行政について

(1)政府が2020年からの実施を計画している学齢前の乳幼児の保育所・幼稚園の保育料無償化に関する市負担分の予想について

無償化実現により予想される、就職を希望する保護者の増加に伴い保育需要が高まることへの対策について

4.有害鳥獣対策について

(1)本年4月から変更される害獣捕獲交付金ルールへの対策について

(2)近年拡大しているアナグマやアライグマによる農作物被害の状況について

(3)大村の特産品である「ゆでピー」の原料の落花生の増産体制が進んでいない理由について

(4)落花生栽培は種の無償提供や契約栽培であることから農家には好条件であるが、アナグマによる被害で栽培が進展していないことについて

(5)防護柵を地下50センチ程度施工する必要があるアナグマ対策と防護柵の上部に電気柵を設置する必要があるアライグマ対策について

再生

平成29年12月定例会

12月8日

一般質問(一問一答)

1.新幹線対策について

(1)長崎新幹線工事のあり方について

市長に提出された三城地区の新幹線工事騒音問題等に対する要望書について

2.市庁舎建設について

(1)現在策定中の「基本計画」の現状と、議会や市民団体から出された要望の実現可能性について

3.子育て・福祉行政について

(1)先進都市において取り組まれている妊娠期から学齢期、高齢者介護、障がい者、生活困窮者への一括した支援に対する市の考えについて

4.有害鳥獣対策について

(1)来年4月からの害獣捕獲交付金ルール変更への対応について

(2)近年拡大しているアナグマやアライグマによる農作物被害の実態と対策について

5.不況対策について

(1)後継者不足が深刻で近い将来消滅が危惧される中小建築業界に関し、仕事を確保し若手技術者を養成するための、住宅リフォーム制度による改善策について

(2)11月24日に実施された中小建設業界、団体からの市長への要請について

再生

平成29年9月定例会

9月12日

一般質問(一問一答)

1.新幹線対策について

(1)長崎新幹線のあり方について

技術的・安全性・経済性からFGTの実現性の見通しが困難となったことを受け、今後沿線自治体の首長からなされるフル規格による整備の要望内容について

新鳥栖から武雄間をフル規格で整備した場合の工事完成時期について

フル規格による整備に佐賀県が同意する可能性とフル規格での整備計画の見通しについて

鉄道・運輸機構、大村市、三城地区柴田町内会による地元対策協議会の終了に当たっての、市長及び担当部署の感想について

協議された地元からの要望事項の実現性について

長期間にわたる住宅密集地での工事となることによる、工事施工業者の現場事務所を設置する必要性について

 

2.交通行政について

(1)公共交通空白地対策として7月から試行されている松原・福重地区の乗合いタクシーの利用状況について

(2)荒平・水計地区のデマンドタクシーの利用状況について

(3)正式な乗合いタクシー事業の実施時期について

(4)諏訪六差路交差点の改善策について

 

3.観光行政について

(1)長崎街道シュガーロードとして日本遺産の認定を受ける構想に関し、市民の長崎街道に対する認知度と、認定されるために、地元市民が広く認知し慣れ親しむことの重要性について

(2)長崎街道シュガーロードとして日本遺産の認定を受けるために、初心者が気軽に散策できるような案内標識の設置などの長崎街道整備の検討について

 

4.不況対策について

(1)若手技術者の養成、仕事の確保など、市内中小建築関係業者の後継者不足の改善策としての住宅リフォーム助成制度の復活について

再生

平成29年6月定例会

6月16日

一般質問(一問一答)

1.市長の政治姿勢について

(1)市庁舎建設問題について

4月に市内8地区で開催された市庁舎建設予定地に関する意見交換会おける意見を市民全体の代表意見と判断するかどうかについて

「市民と議会のつどい」において、鈴田・三浦地区以外の6地区で出された「反対」、「慎重に検討せよ」との要望について

国の有利な助成の存在が早急な建設計画を策定する要因となっているが、その事業名と内容について

公共施設等総合管理計画の策定について

耐震性を満たさない473市町村の庁舎建て替えが4年間で完了しない場合の、新設された市町村役場機能緊急保全事業の期間延長の可能性について

建設計画に市民代表や有識者等の意見を取り入れることについて

 

 

2.教育行政について

(1)教職員の超過勤務減少対策により、平成27年度と28年度を比較したときの改善の程度について

(2)給特法により教職員に支給される4%の教職特別手当は月8時間程度の時間外手当にしか相当しないため、現在の超過勤務の状況を大幅に改善する必要性について

(3)学校事務職員の業務量軽減対策として、共同学校事務室を設置することについて

 

 

3.一般廃棄物処理行政について

(1)清掃業務(し尿・可燃物・不燃物・資源物)委託業者の育成策について

廃棄物処理法により市に策定が義務付けられている一般廃棄物処理計画策定の有無について

「廃棄物処理法において、一般廃棄物処理業は自由競争による性格の事業とは位置付けられていない」との平成26年の最高裁判決に対する市の対応について

「既存業者が市の廃棄物処理計画に基づき適正な運営が継続していれば、新規業者の申請は許可されない」との最高裁判決が示されたことから、市は慎重な審査のもと許可処分等を判断する必要があることについて

再生

平成29年3月定例会

3月9日

一般質問(一問一答)

1.新幹線工事における地元対策について

(1)木場トンネル三城口の工事対策における新幹線地元対策協議会の進展状況について

 

2.教育行政について

(1)現在の学校2学期制の検討のあり方について

アンケート調査の実施時期について

アンケート調査の結果の公表時期について

教職員の無償勤務時間の減少策とその後の対策の進捗状況について

(2)2学期制の見直しに関する市長の考えについて

 

3.施政方針及び政治姿勢について

(1)基本計画を策定する予定である新市庁舎建設に関し、議会や市民の意見聴取の方法について

(2)防災無線の無線施設のメンテナンスについて

(3)萱瀬ダムから坂口までの間に導入予定の小水力発電について

(4)福祉センターの入居団体を平成30年度までに旧浜屋に移転させた後の跡地利用について

(5)福重・荒平地区で乗合タクシーの社会実験を実施予定であるが、その他の地区や市内循環バスの待ち時間解消対策の計画について

(6)清掃業務委託業者の育成策について

 

4.中小企業振興対策について

(1)中小建設業者の振興対策と若手技能者育成策について

平成24年度から27年度まで実施された住宅リフォーム助成制度の復活について

再生

 

 

 

よくある質問

お問い合わせ

議会事務局 議事調査グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 別館2階

電話番号:0957-52-3828(直通)

ファクス番号:0957-52-3828