スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月6日

西大村地区

質問や意見の内容

回答

西大村出張所の建設時期について
西大村出張所の建設時期を明確にしてほしいです。
平成31年2月建設工事完了といったスケジュールを立てて進めてまいります。他の事業や補助金の関係で時間はかかりますが、このスケジュールで何がなんでもやるつもりですのでもうすこし待っていただきたいと思います。

住民主導型地域活性化事業の継続について
住民主導型地域活性化事業はいつまで続けてもらえるのでしょうか。

今回継続していますのは26年度から28年度までいたします。今の気持ちとしては29年以降も3年刻みで継続するという思いです。

期日前投票の設置個所について
期日前投票場所を北部郡地区コミセンともう一か所は西大村地区にも設置してほしいです。

来年の参議院選挙から郡コミセンで期日前投票所を新たに設けます。中地区住民センターでも出来ないか、前向きに検討し取り組む、私としては実現の方向で考えたいと思います。

西大村出張所の職員配置について
西大村出張所の職員配置は正規職員は1人のみで、他は女性のパート職員のみになっています。再任用職員の配置をお願いしたいです。

職員の再任用については、来年度から実施していきます。

池田新町の災害時の地元避難先について
池田新町の災害時の地元避難先は、池田新町公民館となっていますが指定避難先ではありません。必要な場合は西コミおよび西小に避難しなさい。となっています。池田新町の市営アパートや池田保育園、民間の施設を災害時には使えるようにできないでしょうか。

市営住宅につきましては、避難所という本来の目的とは異なることに使用することはできません。池田保育園につきましては、災害時であっても幼児の保育スペースを確保する必要があるります。また当保育園の図面など確認したところ、避難所として活用できる一定の広さのスペースが確保できないため、避難所の指定は困難です。

農道の市道への昇格について
農道を市道へ昇格できないでしょうか。

市道認定基準があり、申請書類を提出していただいて確認し市道となります。具体的なことについては道路課に相談していただきたいと思います。

新幹線の駅に在来線の駅を設置することについて
利便性の向上のため、新幹線新駅とJR在来線の駅を同じ場所に造ることを大前提で交渉をしていただきたいと思います。

新幹線新駅に伴って西側の大村線の方に併設の駅を設けるように、JR九州や運輸省といろんなデータのやり取りをしながらお願いしています。
公民館へのAED設置について
植松3丁目は、公民館と公民館前の公園の利用者が年間合わせて4,500~5,000人います。ぜひAED配置についての検討をいただければと思います。
市では基準を設けてAEDの設置をしているところです。学校やスポーツ施設、市役所など利用者が多い施設を対象に設定しています。公民館は今のところ設置や費用の助成は考えていません。予備として国保けんこう課にAEDを準備していますのでイベントなど開催があるときは貸出をしいていますので、ご連絡をいただければと思います。
都市計画道路の整備について
市道大村駅前原口線の計画は総延長3.9キロメートルありますが、JR大村駅前から本堂川橋までは完成していますので、本堂川橋から植松教会まで約1.6キロメートルあります。この区間だけでも認可上申できたらと思います。
本堂川橋から植松教会の間は、平成21年に整備計画の見直しを行った時に、今後10年間に優先的に着手する路線ということで、1つは池田沖田線、次に竹松駅前原口線、もう一つは古賀島沖田線で富の原小から乾馬場空港線、試験場の前の通りに当たるまでの3路線をやっているところです。
それに新幹線事業に関連して立体交差の所から竹松側に約200メートル新幹線西口の駅の方につなぐ街路は整備をしようと考えているところです。それ以外は事業費などいろんな問題があり、着手できないという状況です。

空き家の情報提供について
都市部に住んでいて田舎暮らしがしたいと思う人が住みたいのは、大村のような町だと思います。空き家バンクまではしなくても「空いている家がありますよ」程度の情報を提供してみてはどうでしょうか。

「日本でもっとも住みたくなるまち」を目指していますし、「大村は住み易い」と市外県外から来られる人は言われています。ぜひ前向きに積極的に取り組んでいきたいと思います。

ゴミを減らす取組について
「もったいない大抽選会」を1年に1度されていますね。その回数を増やすことでゴミの量を減らすことができるのではないかと思います。

「もったいない大抽選会」は100点程出して皆さんにいろんなものを持って行っていただいています。リユースが進んでいるところです。創意工夫しもっといろいろ考えていきたいと思います。

高齢者の免許証返納について
高齢者の免許証返納の対応として個人が所有している自動車に「おむらんちゃんステッカーが貼ってある車は乗れますよ」とすることで外出の手助けができるのではと思います。

福祉的といいますかそういうサイドから行きますといい提案と思いますが、一方で白タク、お金は取らないからということもありますが、ひっかかる可能性があるかもしれないかと思います。いま言われた意見をくめるようなかたちで検討させていただきたいと思います。

防犯カメラの設置について
全国でいろんな犯罪があっていますが、防犯カメラに写し出された犯人が、瞬時に逮捕されています。子どもたちが犯罪に合いやすいところに速やかに設置をお願いします。

抑止力があるので必要なところは市民の声を聞いて、調査をし優先的に順番を決めて防犯カメラを設置したいと思います。

喫煙者のマナーについて
喫煙者のマナーが悪い様子をよく見かけます。条例など検討いたしますということは再三聞いているのですが、今どの程度進んでいるのか、着手していなければ、子どもたちの事故を防ぐためにもお願いしたいと思います。

ポイ捨ては、県でも長崎市でも部分的に条例はあります。そのほとんどが文化遺産の周辺の部分で行っています。対象とする区域がどこからどこまでなのか考えてみましたが、指定は難しい状況です。現状では条例をつくるまでは至っていないところです。

防災無線について

市民の中には障害を持っている人、また聞こえにくい高齢者など、聞こえにくいケースがあります。そのような人に対しても政策をすすめていただきたいと思います。

聴覚障害者に対しては、文字が表示される戸別受信機を導入するように計画をしています。

AEDの設置について
現在設置されているAEDの取り扱い説明は音声だけとなっています。今後新しく設置する場合など計画を進める時には音声と絵での説明がついたAEDの設置をお願いしたいと思います。

取り扱いの説明を画像でも分かるようなAEDにつきましては、更新の時期に取り替えを考えたいと思っています。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部地域げんき課政策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:185)

ファクス番号:0957-52-6722