スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月6日

三浦地区

質問や意見の内容

回答

さつき台町内会の環境に関する調査について
さつき台団地の道路は亀裂が入ったり、大潮の満潮時に大雨が降ると冠水するなど環境が悪化しています。さつき台の町内を本格的に調査していただいて、安心してさつき台に住めるようにしてもらいたい。
平成19年に堤防と隣接市道について調査を行い、状況の説明を班長さんなどにお話しをさせていただきました。
今年8月には道路課と地元関係者と現地立会を行い、護岸施設の状況については、県央振興局河港課にて現地確認を行い、現在のところ経過観察を行っていく旨の回答を得ております。また、やまと酒店から南部運動公園までの市道冠水状況について、実状の聞き取り調査を行いました。解決策としては、道路の嵩上げしかないものと思われます。
町内会加入促進について
町内会に入っていない人達の対策は大村市としてどのようにされているのですか。
町内会への加入促進をお願いしたいです。
加入促進につきましては、1年に2回広報紙に掲載しています。町内会連合会と一緒に加入促進マニュアルやポスター、チラシを作成して配布しています。また市も町内会の加入についていろんなところで話をさせていただければと考えています。
町内会加入・未加入にかかる市の対応について
町内会の加入・未加入にかかる地区住民からの要望に対する市の対応についてお尋ねしたいです。
基本的には地区要望が第一と考えています。また町内会から出されたものについては極力対応するということで職員に伝えていきたいと思います。ただし緊急性や危険性がある所は個人からの要望でもすぐ対応することは有ります。

特定検診について
大村市で受けていた時には血液検査、尿検査、胸部レントゲン、心電図があったのですが、諫早の医療機関で受けるようになったら、尿検査と血液検査だけでした。どのようになっているのでしょうか。

検査項目については、確認させていただきたいと思います。こちらから医療機関に確認しまして、具体的に区別があるのか確認してご連絡したいと考えています(後日、本人へ回答済)。
防犯カメラの設置について
防犯カメラは大村市内にどのくらい設置されているのでしょうか。
平成20年度にまちづくり行動計画を作成し、これに基づいて平成21年度から大村駅前駐輪場に、防犯カメラを設置するなどしています。
設置は大村警察署と協議してどういったところに必要かを今後検討していきたいと考えています。
空き家問題と固定資産税について
現時点では7件に1件が空き家で、20年後には3件に1件が空き家になるといわれています。本当は家を壊したいと思い、行政に聞きに行ったら固定資産税が6倍になると言われたそうです。これは市がする問題ではなく国の問題だと思うのですが、どのようになっているのでしょうか。
空き家の現状を明らかにするために、今年度調査をして、空き家対策の計画を作らなければなりません。
取り壊しの際の税金の問題等がでましたけれども、外部有識者を入れたところで協議会を設けて検討して、市で強制的に撤去する場合はどうするかなど細かいところまでを今後詰めていきたいと考えています。
ふるさと納税について
どこの行政も特産品をたくさんそろえるなど、一生懸命やっていると思います。大村市としての考えをお聞かせください。
平成27年6月からは3品目から通販サイトを取り入れた48品目へ増やしました。今後もいろんな物を取り入れるような形で鋭意交渉をしながらやっているところです。
地域の公民館への補助について
地域の老朽化した公民館では市の補助をいただきながら改修となどを行っていると思います。補助金をいただきながらバリアフリーやトイレなどを改修してきたところですが、補助の拡大なり比率の枠の拡大なりのご検討をお願いしたいです。
補助の制度は、土地が500万上限で2分の1の補助、新築・改築が500万上限で2分の1の補助です。1000万に対して500万の補助となります。改築は10年間で500万という枠を設けています。
21年頃市内公民館をバリアフリー化することを進めた経緯があります。改築の枠の中に21年頃のバリアフリー化を入れるか入れないかは検討していかなければならないと考えています。
地方のスポーツ施設について
これから高齢化になり今村町もレクリエーションとかスポーツ施設を持っていません。今村町へスポーツ施設の設置をお願いします。
大村市の地域の広場は、松原の北部グランド・鈴田の鈴田グランド・三浦に溝陸の南部グラウンドがあります。地区全体としても福重とかグラウンドがない地区もあります。その中で今村町内へどの位の施設を想定されているか分かりませんが、町内会毎に施設を造ることはなかなか難しいと思っています。
町内会役員への市の支援について
町内会の会長や連合会長は地区の行政官という感じで公的な仕事をやられていると感じました。市の方の関与をもっと強めるべきと思います。ミーティングは年に2回やっていますかね、もっと頻繁にミーティングをするなどしてもらいたい。町内会役員の手当の支援、経済的な支援をやってほしいと思います。
町内会長に行政委員を委嘱しています。行政委員と町内会のつながりはありません。行政委員に委嘱をしてそこから市のお知らせをしていただくということで、どなたが一番良いかということで町内会長さんに委嘱をしています。町内会に対して市の方の関与を強くすることは、町内会は任意の団体なので、市が関与を強化するのはいかがなものかなと考えています。地区別ミーティングは年1回行って皆さんのお声をお聞きすることをしています。出張所が窓口として、いろんな話を伺うとか、町内会連合会との市長の会合での話もさせていただいています。
町内会サーバーの設置について
町内会でお知らせをするとき回覧をする時には回覧板を使っていますが、スマホなどを持っている人が多いので、市役所の中に町内会サーバーを設置していただいて、それぞれの町内会のホームページに町内会のお知らせなど連絡をアップして、ログインすると誰もが見られるようにすると連絡がいきわたるのではないかと思います。
回覧板について、若い人たちはITを使われると思いますが、全員が全員使われる訳ではないので、班回覧を主体的にやりながら、ITの部分については使用されること含めて今後研究はしないといけないと思います。

市道の草伐いについて
高齢化になってしまって草払いに出てくださる方が少なくなっています。今村へ向かう田久保から溝陸へ抜ける道は防空壕状態で、草は刈っていない木は覆いかぶさっている大型車がとおればその枝を落とすといった危ない状態が続いています。他の市道も含めて、対応について市のほうでどうにかできないかお聞きしたいです。

市道へ覆いかぶさってくる場合は土地の所有者が管理をしないといけないということが私たちの考えているところです。高齢化もありいろいろ事情もあると思います。覆い被さっている状態は危険な作業になるのではと思います。全部一度にすることはできませんので、地元で優先順位をつけていただき対応させていただきたいと思います。

マイナンバーカードの作成について
個人情報問題で漏れないと言われていたのにたくさん漏れていろいろな弊害がでています。絶対入らなければならないのでしょうか。

マイナンバーカードを作成することは強制ではありません。個人の申請で作成することになります。市としてマイナンバーカードの普及について努力を続けて行きたいと考えています。
防災無線について
地域の行事などの地域情報の伝達手段として使えるのでしょうか。
防災無線の目的は、いち早く市民の皆さまへ災害情報をお伝えして、避難準備・避難勧告などをお知らせするということが大きな目的です。また、火事などについて地区の分団などにお知らせする消防サイレン、市の重要なお知らせをお伝えするということになっています。地域情報までは想定していません。既設の町内スピーカーを近くの防災無線の鉄塔に移設するなどの相談については柔軟に対応しているところです。
町内会加入にかかるごみ収集の市の対応について
町内会の加入者と未加入者に対するごみ収集の市の対応について、市の考えをお尋ねしたいです。
ゴミの出し方を理由に町内会をつなげるものではないと考えています。メリットが有るから町内会に入ってくださいということが有るかもしれません。そうではなくて、なぜ町内会が必要なのかというところを含めて町内会に加入していただくというのが考え方だと思います。
なぜ市がゴミの収集をやらなければならないのか、それは法律で一般廃棄物の収集・運搬・処分は市の責務となっています。そのために町内会に加入していないからといって、ゴミを収集しないということはできません。
みうら勘作会館の運営管理費について
別途市の方から支援をお願いしたいということで、市長、副市長、担当部長などと話をずっとしてきているところですがどうなるのでしょうか。
維持管理費を補助金で出すよりも、使用料とかいろんなことで運営された方が自由にその収入を使えると思います。また今後は使用料収入の推移を見ながら方策について良いものがないかということで、年々少しずつ維持管理費について考えていますので、27年度の状況を見てどのように維持管理費を捻出できるか話し合いをさせていただきたいと思います。
市民会館の廃館後について
図書館が出来る関係で、市民会館が廃館となると言うことを聞きました。その後をどうするのでしょうか。
市民会館は県立図書館の敷地内にありますので6月議会で来年3月いっぱいまでの開館を条例で決めていただきました。2年かけて今後どのようなホールが大村市として一番いいのか、どのような場所なのか、含めて研究したいと考えています。
入学式について
諫早市の入学式は午前・午後と分けて(小学校・中学校)一日で終わると聞きました。一日で終われば都合がよく助かります。大村市でも今後検討していただきたい。
入学式は一日ずらして行っています。現場に意見を聞いたところによりますと、入学式が一生に1回ということで、しっかりとしたイベント行事にするためには、かけもちではなく、やりたいという意見でした。また、高校の入学式は午後からあっていますので、どちらかと重なることもあると思います。
このようなお話があったことは伝えていきます。学校現場で入学式をどうとらえていくかということはしっかり考えていきたいと思います。ご理解をいただければと思います。
大村湾の浄化について
大村湾は、浄化設備が出来ているのに澄んでいません、澄みきった風光明媚な大村湾琴の海にしていただきたいと思います。
大村湾の浄化については、大村湾に堆積するヘドロの除去や覆砂、浚渫などの底質改善の抜本的な対策が有効でありますが、莫大な事業費が見込まれることなどから県や市レベルでの対応は不可能であります。現在、県は第3期大村湾環境保全・活性化行動計画の重点施策の1つとして、失われました浅場を復元することで、二枚貝の生息区域の拡大を図り、二枚貝の持つ浄化作用を生かし大村湾の浄化を実践する目的で、浅場づくり実証試験事業に森園海岸で取り組んでおります。今後も、大村市としましては、国、県、沿岸市町と連携を図りながら大村湾の浄化対策に対し、積極的に取り組んでいきます。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部地域げんき課政策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:185)

ファクス番号:0957-52-6722