スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2015年1月26日

竹松地区

質問や意見の内容

回答

新幹線の車両基地について説明をお願いします。 新幹線の車両基地については、長崎県立虹の原特別支援学校の向かいに建設され、220ヘクタールの計画区域の中に位置づけています。また、周辺ゾーンについては、車両基地の関連企業やサービス関連施設の計画的な優遇や車両基地関連の就業者住宅の適切な確保、車両基地に隣接した在来線の停車駅を要望するとともに、フリーゲージトレインを多くの見学者が来ると予想されるため、新幹線公園(小公園)の整備を予定しています。ただし、基本計画では付け替え道路までは考えていません。
新幹線車両基地調整池の工法や水路の計画があると思いますが、具体的な内容はどのようになっていますか。また説明会へ鉄道運輸機構から来られていますが、県や市の担当者に来てもらわないと通らないと思います。 調整池については、施工者である鉄道運輸機構から、地下式ではなくオープンで設置する予定であると聞いています。また、その排水経路などについても現在、設計中であり、詳細が分かり次第、工事説明会などにおいて報告させていただくとのことであり、その際は、市も同行することとしています。
鉄道運輸機構へ新幹線の保守基地が建設されることにより周辺の生活道路や通学・通勤道路がどのようになるのか尋ねるが「保守基地を担当する会社が決まっていないので説明できません」との回答でした。詳しく説明してもらいたい。 鉄道運輸機構から今後のスケジュールなど地元の皆さまへの懇切丁寧な説明をしていただくようにしたいと思います。そして市が立ち会って住民の立場に立って我々が対応するということでご理解いただきたいと思います。
国体の花いっぱい運動について、花の配布が9月下旬と聞いているが、遅いと思いますので8月に配ることはできないでしょうか。 県からの配布が9月上旬で、それに併せて市でも準備を進めています。9月上旬をめどに配布させていただきたいと思います。
県の農林技術開発センターを避難場所として、今富や荒瀬の人も利用できればと考えて申し入れと相談をしましたが、耐震構造でないのでできないとのことです。しかし県とも協力して、避難場所として位置付けできないものでしょうか。 県の農林技術開発センターと協議しましたが、施設自体がかなり古く避難場所として提供することは難しいとの回答でした。先般、JAの選果場が建設されたので、竹松・鬼橋・今富・荒瀬地区の一時避難所として、平成26年度の防災計画の中で指定するようにしています。
自主防災組織の結成率について、竹松地区は4町内が結成され20%と思いますが、市内の状況はどのようになっていますか。 今年4月1日現在、76組織結成されていて結成率は48.2%です。
災害時要援護者の支援に関しては、町内会と本人と民生委員と大村市が連携しているが、いざ災害が発生した時には誰が輸送するのでしょうか。 災害が発生した時は、自助・共助・公助が必要です。災害の時には近所の人や親せきの人、消防団、市の本部のどなたでもよい。とにかく早く援護できる人に助けていただきたいと思います。要援護者登録台帳には、避難支援者の有無を記載していますが、1人のみの記載です。
後期高齢者対策として大村市で他市に負けないもの・優れているものは何かありますか。 高齢者の介護予防を推進するためには、外出による生きがい活動が重要であると考えています。市内の公共交通体系の総合的な整備再編とあわせて、高齢者の外出支援を目的として、バス利用料の助成制度の検討を進めてまいります。
公園の新設を要望していましたが、昨年度防災公園の設置の検討を行うとのことでした。検討された内容についてはどうなりましたか。 防災公園については、特に関心を持って臨まないといけませんが、さまざまなことを総合的に勘案するとなかなか難しい状況です。新幹線駅前に14,000坪ほどの1つのコミュニティができますので、その際には防災公園を意識して検討してまいります。
国道34号につなぐ市道から神社への参道について2項道路に指定されたのでしょうか。 参道は2項道路に指定されていません。
竹松地区では防犯灯の設置について、町内会長へ要請が年40基ほどあっています。設置する数を増やすように検討していただきたい。 防犯灯の設置は大村市連合防犯協会で設置することになっています。予算的に新規50基という状況です。従来からのものはLED化に順次変えています。大村市全体の状況を見て判断していきます。
富の原小学校周辺の道路整備とカラー舗装をしてもらうようにお願いします。 学校の道路整備と登下校の安全は非常に重要です。三城小学校をはじめゾーン30を実施しています。富の原小学校については、平成26年度に路側帯のカラー舗装を実施予定です。
違法ドラッグについては問題となっていますが、学校での違法ドラッグに対する教育はどのようにされていますか。 薬物乱用防止については長い歴史があり昭和50年代に、学校、教育でも取り組み始めました。脱法ハーブなどの薬物乱用については、県の警察本部など連携しながら保健学習の中で、危険性、喫煙や飲酒の弊害も含め生涯にわたる健康の維持増進をねらいとして実施しています。
富の原2丁目公園のトイレの洋式化を要望していますが、何年ごろに洋式化されるのでしょうか。 今年度整備いたします。
宮小路地区に新たに100軒ほどの住宅が建設される予定ですが、周辺の道路は現在でも渋滞しているのでさらに混雑が予想されます。周辺道路の側溝の改善をしてほしいです。 本年度は西側を改善します。
以前選挙管理委員会で確認したところ「町内会長は政治活動・選挙活動ができません」と返事がありましたが、そのような理解でよいのでしょうか。 町内会長は任意団体の長ですので、政治活動の規制はありません。また、非常勤の特別職ではなく、あくまで事務を委嘱しているので、選挙活動の規制などはありません。ただし、行政委員になられる時に選挙活動は誤解を生じるケースがあるので注意するよう説明しています。
富の原小学校は児童数900人と生徒が多い学校ですが、「トイレの数が少なく困っています」と言う意見を聞いています。トイレを増やしてもらえないでしょうか。 児童の利用状況などを調査し対応を検討します。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部地域げんき課政策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:185)

ファクス番号:0957-52-6722