スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

鈴田地区

質問や意見の内容

回答

少子高齢化や全国的な結婚年齢が遅くなる傾向にあり、結婚しない男女が増加しているように感じます。行政として相談窓口などの開設、雇用の場と育児しやすい環境をどのようにつくるか、具体的なビジョンを示していただきたい。

「子育てするなら大村で」として、第二子の保育料無料化や不妊治療助成など確実に成果が上がっていると考えます。将来的には小学生の医療費無料化の実施を考えています。国にも具体的な少子化対策を要望していきたいと思います。

また、農業後継者の未婚率が問題になっていますので、農業後継者を対象に男女の交流会の実施を考えています。
なお、長崎県ではボランティアで結婚相談縁結びをしていただく「婚活サポーター縁結び隊」を募集されています。

内倉川は階段状に整備され魚が登ることは不可能なため魚道を造っていただきたい。また川岸に雑木が生い茂っているため調査をしていただきたい。 魚道の整備には多額の費用を要しますので、整備は考えていません。ご理解をお願いします。
雑木の除去については今年度実施します。
国体のリハーサル大会で郷土料理のおもてなしを行いましたが、地元の人にもふるまった結果不足することがありました。本大会での提供はどのようになりますか。 提供の方法など内部で検証し不足が生じないよう工夫したいと思います。
市道平ノ前横山線は、道幅が狭く一部は素掘りの側溝で緊急時の車両の通行に支障が生じていますので拡幅をお願いします。 拡幅は局部的に行うこととなりますが、地元の人の立会いをお願いして今年度施工したいと思います。
惣原運動場の整備を今後もお願いしたい。 惣原運動場のうち、市道部分を中心に状況を見ながら対応をしていきたいと思います。地元で整備される場合は、材料支給ができないか検討してみます。
鈴田峠の道の駅の今後の整備計画についてお聞きしたい。また現在進められている防災無線スピーカーの設置場所として検討していただきたい。 今秋からトイレや休憩施設の建築工事、駐車場の舗装工事を行い今年度中に完成させたいと思います。同時に道の駅として早期の登録認定を目指しています。ソフト面では地域の特性・特色を生かした地域振興策が必要で、計画について国や県の指導をいただきながら地元と調整していきたいと考えます。
また、一時避難所の適地だと考えており、また防災無線スピーカーは道の駅近くの県営バスが方向転換する場所に設置予定です。
AEDを道の駅に設置してもらいたい。またコンビニへのAEDの設置は必要ではないでしょうか。 AEDの設置の方針は、市が管理する所・人が集まる所・地域の拠点となる所・激しい運動が行われる所として市内172か所に設置しています。コンビニや道の駅を運営する事業所へ設置の協力要請ができないか考えていきたいと思います。
市南部地区へ消防署を設置してもらいたい。 長崎医療センター内にある施設を借りて、平成27年に設置することになります。
国道34号鈴田橋付近は、交通量が多いとき国道に出るまでに時間がかかったり、信号機がないため歩行者が横切るなど危険なため信号機の設置をお願いします。 警察との協議では、交通量が多い箇所に信号機を設置した場合に渋滞すると考えられるため設置は難しいとの判断です。横断歩道などの設置は今後、協議していきます。
産業廃棄物処理施設から出る臭気について地元の人から問い合わせがあり説明をする必要があります。臭気の基準値に対する実測値が分かれば説明しやすいので、実測値を定期的に連絡してもらえないでしょうか。 産業廃棄物処理施設の監視については、県が定期的に実施しており臭気などの測定結果は、市に報告していただくよう依頼しています。測定結果について教えてほしいという要望が鈴田地区からあれば対応したいと考えています。
学校教育支援の一貫として実施している放課後子ども教室が今年度から予算削減のため期間短縮を告げられました。昨年度並の期間の実施のお願いと期間短縮となった経緯をお尋ねしたい。 放課後こども教室は一定の成果を上げている事業だと認識していますが、国庫補助制度を活用した事業で国の予算が減少しています。実施については予算の兼ね合いで事業を考える必要がありますが、実施については今後検討したいと思います。また必要性について国に要望していきたいと思います。
ウオークラリーを通して地区の旧跡城跡などを子どもたちに教えたいので、学校のウオークラリーと合わせて実施することは可能でしょうか。 地区の郷土史を子どもたちへ伝え体験してもらうことは将来を考えるときに有効なことと考えます。提案の内容について相談いただきたいと思います。
中学校給食の導入はどうなっているのでしょうか。また給食費の徴収では全国的に問題視されていますので、無料化をお願いします。 中学校給食は、学校施設に配膳室がないなど、実施に向けて検討する必要があります。取り組む方向で検討をしているところです。
給食の無料化は年間3億5千万円が必要となるため困難です。国の実施が望ましいので、今後要望していきたいと考えます。
他市町の運動広場には屋根付きのベンチが設置してあります。鈴田運動広場にも屋根付きのベンチの設置をお願いします。 北部・南部運動広場には地元の人と協議し、屋根付きの休憩所を設置しています。施設の内容を地元の人と協議させていただき、平成27年度または平成28年度に設置を考えていきたいと思います。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部地域げんき課政策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:185)

ファクス番号:0957-52-6722