スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2015年1月26日

西大村地区

質問や意見の内容

回答

新市立史料館は、大村家の資料を中心とした文書類や絵画類を収納することが目的であったと思います。新市立史料館の名称について検討をしていただきたい。 新施設の整備方針を「大村歴史資料館(仮称)整備基本計画」として決定し、現在の「史料館」から名称を変更していく方向性を打ち出しています。今後、さまざまなご意見をお聞きし、施設名称を決定してまいります。
新幹線の街づくりに関する事業費の内、市の持ち出しはどれくらいでしょうか。 総事業費約84億円のうち、市の持ち出しは約45億円を見込んでおり、そのうち約23億円が一般財源の見込みです。総事業費には、市が県から購入する予定の県立ろう学校跡地約4万2千平方メートルを含んでいます。また、新大村駅(仮称)前周辺へ誘致する「民間の施設の立地」による土地代金などがあった場合は、その分が市の持ち出しに補てんされることになります。
新幹線の街づくりに関して、駅周辺ゾーンや文教ゾーンとありますが、文教ゾーンは大学や研究施設かと思いますが、具体的な内容があればお聞きしたい。 大学誘致などを大学設置特別戦略会議で検討していますが難しい状況です。研究所や特に農業・工業に突出した大学院大学の誘致が課題となっています。現在構想の段階でこれから2年くらいで計画を詰めていかなければならない状況です。
国体の輸送計画は、飛行機などで来られる人の輸送としてシャトルバスなどを計画されていますか。 空港やJR大村駅と競技会場を巡回するシャトルバスの運行を考えています。
池田新町公園の清掃後のゴミの回収で以前は清掃日の翌日位には持っていかれていましたが、6月以降は放置されていますのでお尋ねしたい。 回収済です。町内会から河川公園課へ連絡いただければ回収することなっています。
自主防災組織結成率は何%でしょうか。組織の結成率向上について、市で努力してほしいと思います。 市全体で48.2%です。町内で「話を聞いてみたい」と連絡していただければ、出向いて説明をしています。土曜日・日曜日や夜間も可能です。組織結成率60%を目標としていますので、皆さまのご協力をお願いします。
地区別ミーティングの参加者について若い人が参加するような工夫をしてほしいと思います。 20~40代の人の声も聴きたいと思っていますので、今後は若い人にも声をかけて、努力をしてまいりたいと思います。
中地区住民センターの建替え時期はいつ頃になるのですか。 建替えには時間がかかります。防衛省との交渉や財政的な問題もありますが、少なくとも4年以内に基本設計・実施設計ができるようにしたいと思います。
市内8地区から提出されている地区要望は各地区10件と制限がありますが、西大村地区では47町内の町内会長会で取りまとめているため要望数が多く10件に絞ることが難しいため増やしてほしい。 各地区10件同じということは確かに無理があると思います。人口による比例件数など来年度に向けて検討します。
小学生が地域の行事などへ参加する率が全国平均より低いことは、こども会の減少が原因だと考えられます。こども会の減少に歯止めをかけるような取り組みなど協力いただきたい。 思考力や判断力など心の面を育てるうえで、こども会における体験活動は子どもたちにとって大事なことと思います。こども会の加入につきましては、小学校入学時に案内をしたり、機会をとらえてこども会の紹介をパンフレットなどで行い加入率を上げていきたいと考えています。地域の皆さまにもご協力をいただきながら加入率の向上に努めていきたいと考えています。
公民館はこども会から老人会まで活発に利用されています。利用されている際にAEDが必要となる状況にならないかと危惧しています。設置費用が高額なため町内会の予算では購入は困難です。公民館へAEDを市からの設置を含めてアドバイスをいただきたい。またAED講習会を計画していただきたい。

AEDの設置方針は、市が管理する施設で、特に人が多く集まるところ、地域の拠点となるところ、特に激しい運動が行われるところとしております。AEDの講習会については、年3回程度、個人および事業所を対象に講習会を実施しております。日時などは、随時、広報やホームページでお知らせをしております。

また大村消防署でも実施されています。10人以上の団体で受講される場合は、団体の希望する日時および場所で行うことができますので、消防署へお問い合わせください。

陥没やえぐれていて危険と思われる農道の補修整備をお願いします。 農道の補修は、二つの方法があります。一つは地元負担の工事、もう一つは原材料を支給するものです。現地を一緒に確認して方法について検討したいので立会いをお願いします。
1.陸上自衛隊大村駐屯地正面玄関からまっすぐ向かった国道34号線交差点が右折禁止のための信号機設置について。
2.西大村中学校正門まえの交差点には横断歩道がありますが、通学時間が通勤時間と重なり自動車が止まらず危険なため信号機の設置をお願いします。
1.大村警察署に相談・要請に行きたいと思います。
2.状況を大村警察署に説明をしているところで、警察からは「再度交通量の調査をしたい」と回答を得ています。
各学校の校舎入口付近に防犯カメラを設置していただきたい。 防犯カメラを置くことである程度の制御となることと思います。設置について検討したいと思います。
自動販売機は便利な所や交差点の曲がり角などに設置してあります。交差点では自動販売機があることで右折や左折の際に視界をさえぎり危険なことがあります。確認をお願いします。 今後確認を行いたいと思います。

よくある質問

お問い合わせ

市民環境部地域げんき課政策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:185)

ファクス番号:0957-52-6722