ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉医療 > 平成31年1月から子ども福祉医療制度が変わります

ここから本文です。

更新日:2018年10月10日

平成31年1月から子ども福祉医療制度が変わります

受給対象を中学校卒業までに拡大します

小学校卒業までの子どもを対象にしている子ども医療費を、平成31年1月受診分から中学校卒業までに拡大します。次の1~3すべてを満たすお子様が受給対象となります。

  1. 大村市にお住まいであること
  2. 健康保険に加入していること
  3. 15歳に達した日以後最初の3月31日(中学3年生修了)までの人

ただし、ほかの福祉医療(母子医療・父子医療・心身障害者医療)や生活保護受給世帯の人は、そちらを優先しますので、子ども福祉医療費助成の対象外となります。

未就学児の支給方法が現物給付方式に変わります

これまで医療機関などの窓口で一部負担金をお支払いただいた後に、福祉医療の自己負担額などを控除した額を福祉医療費として支給していた医療費助成金の支給方法を、平成31年1月受診分から小学校就学前の乳幼児を対象に現物給付方式へ変更します。

小学生および中学生の支給方法は今までどおりです。

現物給付方式とは

これまでは医療機関などの窓口で一部負担金をお支払いただいた後に、福祉医療の自己負担額などを控除した額を福祉医療費として支給していました。(償還払い方式)

現物給付方式では、医療機関などの窓口で支払う額が福祉医療費の自己負担額のみとなるため、一時的な窓口での負担が軽減されます。

  • 福祉医療費の自己負担額は医療機関ごとに1日800円(上限は毎月1,600円)です。
  • 院外処方の薬局では、自己負担額はありません。

制度変更に伴う受給資格者証の手続きについて

中学生で子ども医療費の受給対象になると考えられる人

受給資格の申請手続きが必要です。

対象者には後日申請方法などを記載したご案内をお送りしますので、詳しくはそちらをご覧ください。

現在子ども福祉医療費の受給資格者証をお持ちの人

乳幼児(小学校就学前):現物給付用の新しい受給資格者証(カード型)をお送りします。

小学生:有効期限を延長した受給資格者証をお送りします。

新たに申請する必要はありません。新しい受給資格者証が届きましたら、古い受給資格者証はご自身で廃棄してください。(乳幼児については、平成30年12月末までは現在の受給資格者証をお使いいただき、平成31年1月以降は新しい受給資格者証をお使いください。)

ご注意ください

平成31年4月に小学校に入学される人(平成24年4月2日~平成25年4月1日生まれの方)は、平成31年1~3月受診分のみ現物給付方式です。4月からは償還払い方式になりますので、医療機関などの窓口で一部負担金(3割分)の支払が必要となります。(年度切替時に新しい受給資格者証をお送りします。)

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部福祉総務課福祉医療グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:604)

ファクス番号:0957-52-6930