スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 福祉医療 > 老保障害者福祉医療

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

老保障害者福祉医療

大村市(老保障害者)福祉医療費の助成制度について(平成28年1月1日現在)

1.制度のご案内

障がい者の経済的負担を軽減し、福祉と健康を増進するために、病気や怪我にかかる医療費の助成を行っております。

対象者は、身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちで、後期高齢者医療保険に加入されている人ですが、手帳の種類、等級によって助成の内容が異なります。

原則、74歳まではグリーンの受給資格者証(心身障害者)75歳からはオレンジの受給資格者証(老保障害者)になります。

ただし、65歳以上で広域連合から障害認定(身体1~3級と4級の一部、療育A1・A2、精神1~2級)を受け、後期高齢者医療保険に加入されている人は、オレンジの受給資格者証(老保障害者)になります。

 

手帳の種類 助成対象
入院 外来・薬剤
身体障害者手帳1級~6級
療育手帳A1~B2
精神障害者保健福祉手帳1級~3級 不可

 

なお、この制度は、所得による制限があり、世帯の所得状況を新規申請および更新時(年1回)に審査しますので、その結果、所得限度額を超える時は資格停止になる場合もあります。

2.新規申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 普通預金の通帳
    ゆうちょ銀行の口座の場合は、振込用の店番、預金種目、口座番号の確認が必要になります。
    ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で新たな振込口座等を記載してもらった通帳をご持参ください。
  • 印鑑(朱肉を使用するものをご持参ください。)
  • 身体障害者手帳か療育手帳か精神保健福祉手帳のうちお持ちの手帳

(世帯の状況に応じて必要)

  • 所得証明書(所得控除額が記載されたもの。)
  • 課税証明書

1月1日現在の住所地で課税されますので、転入の人あるいは扶養義務者が市外の人などが対象になります。

3.有効期間

始期・・・申請した日または手帳の認定を受けた日の属する月の1日

終期・・・身体障害者手帳、療育手帳または精神保健福祉手帳を喪失した日

【大村市から転出される場合は転出日まで】

4.対象となる医療費

医療機関に支払う金額のうち、健康保険の適用になっている金額です。

以下のものは対象になりません。

  • 他の法律によって医療費の助成がなされるとき。
  • 健康診断及び予防接種などの保険適用外の受診料
  • 健康保険対象外の費用(入院時の食事代、個室料、薬の容器代など)

5.助成金額について

助成金額は、(保険診療一部負担金引く、高額療養費(1)引く、附加給付金(2)引く、自己負担額)×助成割合

1か月ごと、病院ごとに、医療機関に支払った額から高額療養費や附加給付金および自己負担額を差し引き(助成対象額といいます。)、下図の助成割合により算出した額を支給します。院外処方の薬代については、薬局に支払った額に対し、下記の助成割合により算出した額を支給します。

自己負担額…診療日数が1日の場合は800円で、2日以上の場合は1,600円です。

 

等級

区分

助成割合

身体

(4~6級)

療育

(B2)

精神

(2~3級)

(1)世帯員の誰にも住民税が課せられていない場合

助成対象額の

2分の1

(2)世帯員の誰にも住民税の所得割が課せられていない場合

助成対象額の

4分の1

(3)上記以外の場合

助成対象額の

8分の1

身体

(1、2級)

療育

(A1、A2)

精神

(1級)

 

助成対象額全額を支給

身体

(3級)

療育

(B1)

 

助成対象額の

2分の1

(1)高額療養費・・・入院などにより高額の医療費を支払ったとき、健康保険から払戻しを受けられる場合があります。入院などにより高額になった場合は、ご自身で直接保険者へご相談ください。(大村市福祉総務課から、高額療養費のお知らせはありませんので、ご注意ください。)

(2)附加給付金・・・各共済組合、健康保険組合が独自に設定した限度額を超えた場合、その超えた分を支給する制度です。(現在ご加入の保険の附加給付の金額が変更になった場合は、お手数ですが、大村市福祉総務課までご連絡ください。)

6.福祉医療費の申請方法

市内の医療機関を受診される際には、必ず受給資格者証を窓口で提示してください。

ご本人様に代わって医療機関が代理で福祉医療費の申請を行います。

保険診療一部負担金をお支払いされた月の4か月後の末日(金融機関の営業日)に上記の助成金額を指定された口座に振り込みます。

 

市外の医療機関を受診された際には、大村市老保障害者医療費支給申請書が必要です。

受診された翌月以降に提出してください。

毎月15日(土曜日・日曜日・祝日の場合はその前の開庁日)までに、受け付けたものを診療を受けた月の4か月後の末日(金融機関の営業日)に上記の助成金額を指定された口座に振り込みます。

7.大村市老保障害者医療費支給申請書を提出される際の注意点

1か月ごと、医療機関ごとに入院・外来・歯科を分けて、それぞれ申請が必要です。

申請書に必要事項を記入し、医療機関から診療報酬証明を受けるか領収書(原本)を添えて、「福祉総務課」または「障がい福祉課(中心市街地複合ビル2階)」もしくは「出張所」に提出してください。

 

領収書(原本)が必要な場合は、原本とコピーを一緒にご持参ください。窓口で確認後、原本はお返しいたします。

 

医療機関発行の領収書を添付する場合は、その領収書に「患者名、診療日、保険点数、保険適用自己負担額、医療機関名、領収印」が記入されているものが必要です。

支払金額のみのレシートでは、受け付けできませんのでご注意ください。

8.健康保険などに変更があった場合は届け出が必要です。

  • ご加入の健康保険が変わったとき。
    (記号・番号の変更のみでも届け出をお願いします。)
    必要なもの・・・印かん、健康保険証、受給資格者証

  • ご住所やお名前が変わったとき。
    必要なもの・・・印かん、健康保険証、受給資格者証

  • 振込指定口座を変更したいとき。
    必要なもの・・・印かん、健康保険証、受給資格者証、預金通帳(又はキャッシュカード)
    ゆうちょ銀行の口座の場合は、振込用の店番、預金種目、口座番号の確認が必要になります。
    ゆうちょ銀行・郵便局の貯金窓口で新たな振込口座等を記載してもらった通帳をご持参ください。

  • 受給資格者証を紛失または破損したとき。
    必要なもの・・・印かん、健康保険証、受給資格者証(破損した場合)

印かんは朱肉を使用するものをご持参ください。

【お問い合わせ先】

  • 福祉総務課
    電話番号:0957-53-4111(内線155.156)
    〒856-8686大村市玖島1丁目25番地
  • 障がい福祉課
    電話番号:0957-20-7306
    〒856-0832大村市本町458番地2中心市街地複合ビル2階

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部福祉総務課政策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:151)

ファクス番号:0957-52-6930