スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > くらしの情報 > ペット・動物 > その他動植物 > 電気柵の安全管理について

ここから本文です。

更新日:2015年7月24日

電気柵の安全管理について

電気柵を設置している人は、早急に次の注意事項をご確認のうえ、安全確保の点検をお願いします。

特に、家庭用の電源を利用している電気柵につきましては、安全確保ができるまで、緊急的に使用を控えていただきますようお願いします。

電気柵施設の注意事項

  1. 電気柵の30ボルト以上の電源から供給するときは、電気用品安全法の適用(PSEマーク)を受けた電源装置を使用すること。
  2. 1において、公道沿いなどの人が容易に立ち入る場所に施設する場合は、漏電遮断機を設置すること。
  3. 電気柵を施設した場合、周囲の人が容易に確認できる位置や間隔に見やすい(ひらがな等)文字で危険表示を行うこと。

市民の皆さんへ

通常販売されている電気柵につきましては、触れても人体に影響を及ぼすものではありませんが、万全の安全を期すため、電気柵が施設してある場所へは近づかないようお願いします。

 

 

 

よくある質問

お問い合わせ

産業振興部農林水産振興課鳥獣対策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 第2別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:253)

ファクス番号:0957-54-9567