スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > くらしの情報 > ペット・動物 > その他動植物 > イノシシに出会ったら

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

イノシシに出会ったら

イノシシの写真

イノシシの生息範囲が広がっています。イノシシを目撃したらなるべく刺激を与えないようにして、安全確保に努めましょう。

イノシシに出会わないためには

事前に対策をしておきましょう!!

  • 野菜クズや摘果・落果などを畑に放置しない(イノシシのエサになる)
  • 農地周辺のやぶを刈払う(イノシシのえさ場や隠れ場にしない)
  • 侵入防止対策を行う(ワイヤーメッシュ柵や電気柵の設置)

農地に近づくときには

よくイノシシが出てくるような場所では安全確認を行いましょう!!

  • 農地とその周辺にイノシシがいないか離れた場所から確認する
    草や作物が倒されていないか・・・?
    あぜなどが掘り起こされていないか・・・?
  • 車に乗っている場合にはクラクションを鳴らして車内から少し様子を見る
  • 電気柵を設置している場合は、電牧器のスイッチを切る
    (イノシシの逃げ場を作る)

それでもばったり出会ってしまったら

あせらずに落ち着いて行動し、安全を確保しましょう!!

  • イノシシがこちらに気づいていない、イノシシとの距離が十分ある場合には、その場を静かに立ち去る
  • イノシシが威嚇している(背中の毛を逆立てている、クチャクチャ・カチカチと口から音をだしているなど)、イノシシとの距離が十分にない場合には、イノシシの様子を見ながらゆっくりと後ずさりして離れる(背中向けて走り出す、大声を上げるなどしてはいけません)
  • 木の陰に身を隠す、石の上に乗るなどして、イノシシの直撃に備える

注意!

イノシシは逃げ出した場合でも、遠くには行かずに近くのやぶにとどまっている可能性があります。イノシシがいた場所では、姿が見えなくなっても一度その場を離れて安全を確認することが重要です。

イノシシなどの有害鳥獣による農作物被害などでお困りの人は、農林水産振興課鳥獣対策グループ(内線257・253)
へご相談ください。

よくある質問

お問い合わせ

産業振興部農林水産振興課鳥獣対策グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 第2別館1階

電話番号:0957-53-4111(内線:253)

ファクス番号:0957-54-9567