スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 高齢者福祉 > 認知症高齢者支援 > 大村市は認知症の人にやさしい街づくりをすすめています

ここから本文です。

更新日:2017年1月16日

大村市は認知症の人にやさしい街づくりをすすめています

大村市では、平成20年から認知症への理解を深めるための普及・啓発として、「認知症サポーター養成講座」を開催しており、総数5,000人が認知症サポーターとなられています。

市長はじめ市職員、次世代、公共機関などへのサポーター養成講座も実施しており、今後も年齢、職種などにとらわれず、幅広い層の皆さんに講座を受講していただくことで、大村市全体で認知症の人にやさしい街づくりを目指していきます。

認知症サポーター講座の受講をご希望される人は、大村市地域包括支援センターまでご連絡ください。受講された人に対しては、サポーターの証であるオレンジリングを差し上げます。

オレンジリングをつけて集合写真

講座のようす

集合写真

よくある質問

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課政策グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7301

ファクス番号:0957-47-5419