スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:福祉 > 高齢者福祉 > 緊急通報装置をつけてほしいのですが、貸出などはありますか?

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

緊急通報装置をつけてほしいのですが、貸出などはありますか?

質問

緊急通報装置をつけてほしいのですが、貸出などはありますか?

回答

ひとり暮らしの高齢者などのための制度として、次のようなものがあります。
・在宅高齢者緊急通報装置の貸与
市内に居住する一人暮らし高齢者などの急病および災害などの緊急時に迅速かつ適切に対応するため緊急警報装置を貸出します。
[概要]
緊急時に通報ボタンを押すと自動的に警備会社に通報が送信され、警備会社が直ちに緊急連絡先に知らせます。緊急連絡先から要請があった場合、または緊急連絡先の誰とも連絡がとれなかった場合は、警備会社が現場へ急行します。
なお、緊急警報装置にはGPS機能が掲載されていることため、災害時などの所在確認にも活用できます。
[対象者]
(1)65歳以上の一人暮らしの人
(2)65歳以上の人のみの世帯に属する人
(3)重度の障がい者のみの世帯に属する人
(4)これに準ずると市長が認める世帯に属する人
[利用者負担]
(1)基本料金6か月で2,184円かかります。(1回あたり約364円/月)
(2)機器保守料(バッテリー代)1年半ごとの交換となり、1回あたり2,268円かかります。

利用した時のみ料金がかかるものとしては緊急出動費で1時間あたり10,800円かかります。

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課政策グループ

856-0832 大村市本町458番地2 中心市街地複合ビル2階

電話番号:0957-20-7301

ファクス番号:0957-47-5419