ホーム > 健康・福祉・子育て > 年金・保険 > 介護保険 > 新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

ここから本文です。

更新日:2022年7月4日

新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響による世帯の主たる生計維持者の収入の減少など、一定の条件に該当する介護保険の第1号被保険者(65歳以上)を対象に、介護保険料の全部または一部を減免します。

減免対象者

次のいずれかに該当する人は、申請により介護保険料の全部または一部が減免されます。

減免対象者1

新型コロナウイルス感染症により、その属する世帯の主たる生計維持者が死亡し、または重篤な傷病を負った第1号被保険者

減免対象者2

新型コロナウイルス感染症の影響により、その属する世帯の主たる生計維持者の事業収入など(事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入)の減少が見込まれ、次のいずれにも該当する第1号被保険者

  1. 事業収入などのいずれかの減少額(保険金、損害賠償などにより補塡されるべき金額を控除した額)が前年の当該事業収入などの額の10分の3以上
  2. 減少することが見込まれる事業収入などに係る所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下

減免の対象となる介護保険料

令和3年度相当分および令和4年度分の介護保険料で、令和4年4月1日から令和5年3月31日までの間に納期限が設定されているものが減免の対象となります。なお、令和3年度相当分の介護保険料とは、令和4年3月中に資格を取得したことにより、令和4年4月以降に普通徴収の納期限が到来する介護保険料のことです。

減免額

減免対象者1に該当する場合

  • 対象期間の介護保険料の全額

減免対象者2に該当する場合

  1. 前年の所得金額が210万円以下の場合は、対象保険料の全額
  2. 前年の所得金額が210万円を超える場合は、対象保険料の10分の8

対象保険料=(イコール)対象期間の介護保険料×(掛ける)第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入などに係る前年の所得額÷(割る)第1号被保険者の属する世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額

必要書類など

提出方法

郵送または長寿介護課窓口に持参により提出してください。なお、受付期間は、令和5年3月31日までです。

減免決定後の注意点

減免は、申請時点での収入見込みで決定しますので、確定申告などの結果、減免要件を満たさないこととなった場合は、減免の理由の消滅の届け出と減免分の保険料のお支払いが必要になります。

よくある質問

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健部長寿介護課保険料グループ

856-0832 大村市本町458番地2 プラットおおむら2階

電話番号:0957-20-7301

ファクス番号:0957-53-1978