スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ここから本文です。

更新日:2015年6月8日

自主防災組織

自主防災組織とは

住民同士が協力して自発的につくるもので、地域防災活動の拠点になります。

自主防災組織の概要

組織

町内会、地域などの組織を活用し、防災担当役員を設け、防災活動を効果的に実施できる組織になります。

編成

本部組織として、総括班、情報班、消火班、救出救護班、避難誘導班、給食、給水班等の編成になります。

活動内容

平常時

防災知識の普及、防災訓練、防災資機材の備蓄、点検、危険箇所の点検把握、防災計画の作成等を行います。特に二次災害の根源である火気使用器具の整備点検は常時行います。

災害時

地域の警戒、被害状況の把握、伝達、出火防止及び初期消火、救出救護、避難命令の伝達及び誘導、給水等を行います。

 

大村市内の自主防災組織の数

現在、86組織があります。

自主防災組織を結成するには

まずは安全対策課までご相談ください。

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部安全対策課地域防災グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:217)

ファクス番号:0957-52-3883