スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > くらしの情報 > 安全・安心 > 防災 > 防災対策 > 非常用物資の備蓄

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

非常用物資の備蓄

飲料水の確保

災害発生による相当規模の断水を想定し、1人1日3リットルの給水を基準とし、自衛隊の支援を含め最低生活必要水量を確保します。

食糧の確保

米、乾パン、粉ミルク、漬物、つくだに、缶など非常時に必要な食糧の需給動向を把握し、応急計画調整に関する計画を作成することにより、災害時の緊急食糧の円滑な確保を図ります。

生活必需品等の確保

災害時における被服、寝具、その他の生活必需品など非常時に必要な物資の需給動向を把握し、応急調達に関する計画を作成することにより、災害応急対策の円滑な実施を図ります。

よくある質問

お問い合わせ

総務部安全対策課地域防災グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:217)

ファクス番号:0957-52-3883