スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > くらしの情報 > 安全・安心 > 防災 > ハザードマップ > 大村市洪水ハザードマップ

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

大村市洪水ハザードマップ

このマップを利用して、日頃から洪水に対する備えをしていただくとともに、洪水氾濫の危険がある場合にどのような行動をとるべきかについて考え、洪水時の安全な避難行動に役立てていただきたいと思います。

  • このマップは、水防法において定められている事項に従い、作成・配布およびホームページへの掲載をしているものです。
  • このマップの作成以後に、宅地造成などが行われた場所は浸水想定区域から除外されるところがあります。
  • 大村市役所は避難所から除外しています。

詳しくは、安全対策課へお問い合わせください。

「大村市洪水ハザードマップ」とはどんなものですか?

このマップは、郡川・大上戸川・内田川が大雨によって増水し、氾濫した場合に予想される浸水の範囲とその深さ、および避難所などを示したものです。

どのくらいの雨が降るとハザードマップのように浸水するのですか?

このマップでは、大雨の規模は、郡川では概ね50年に1回程度(467mm/日)、大上戸川・内田川では概ね100年に1回程度(107mm/時間)降るとされる規模の雨を想定しています。

また、郡川では現在までの河道の改修と萱瀬ダムの洪水調整効果を、大上戸川と内田川では現在までの河道の整備を見込んでいます。

ご利用にあたっての注意

想定している大雨の規模を上回る雨が降った場合や支川、派川、高潮、内水による氾濫等により、マップに示している範囲よりも広い範囲で浸水したり、水深が深くなることが考えられます。

このマップで日頃からあなたの家から避難所までの経路や危険な場所などを確認し、雨が降った時は、自主的な避難を心がけましょう。氾濫する恐れがある時には、サイレンなどで避難指示や避難勧告をお知らせしますので、速やかに避難してください。

浸水の深さ

浸水の深さ

よくある質問

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部安全対策課地域防災グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:217)

ファクス番号:0957-52-3883