スマートフォン用ページを表示する場合にはこちらをタップしてください

ホーム > よくある質問 > よくある質問:安全・安心 > 救急・救命 > 耳が聞こえないのですが緊急通報する場合はどうしたらいいですか?

ここから本文です。

更新日:2016年1月1日

耳が聞こえないのですが緊急通報する場合はどうしたらいいですか?

質問

耳が聞こえないのですが緊急通報する場合はどうしたらいいですか?

回答

県央消防本部では耳や言葉の不自由な方のために、「119番ファクス」を設置しています。番号は「局番なしの119番」です。ファクスで119番通報をされると、県央消防本部通信指令課から受信後に「受信確認書」を返信します。
なお、119番ファクス用紙は各消防署・分署に置いています。また、ホームページからもダウンロードできますので、事前に準備しておかれることをお勧めします。
用紙の記入要領は以下の通りです。
(例)火事、救急(どちらかを記入)、住所、何が(誰が)どうしたのか、お名前、ファクス番号、eメール119番は、耳や言葉が不自由な人のための緊急通報システムです。あらかじめ県央消防本部に登録された、耳や言葉が不自由な人が自宅や外出先で気分が悪くなったり、火災などを発見した場合に、eメールを使用して消防車や救急車を呼ぶことができる専用システムです。詳しくは県央消防本部ホームページをご確認ください。

お問い合わせ

総務部安全対策課地域防災グループ

856-8686 大村市玖島1丁目25番地 本館2階

電話番号:0957-53-4111(内線:217)

ファクス番号:0957-52-3883